輸送安全マネジメント

運輸安全マネジメント

 平成18年10月から、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行されました。
  「輸送の安全性を確保すること」は、以前から運送事業者の当然の責務でした。それが今回の改正法の施行により、事業経営者の安全確保義務がより明確となり、責任が増大することとなりました。

 運送事業者は、経営トップから現場の運転者に至るまで輸送の安全が最も重要であることを自覚し、運輸安全マネジメントにより絶えず輸送の安全性の向上に努める必要があります。
 そのためには全社的な教育はもちろん、「運輸安全マネジメントシステム」を構築し、実施し、維持して継続的に改善する事が不可欠となります。

 「運輸安全マネジメントシステム」とは
Plan(プラン・方針をたて)
Do(ドウ・実行し)
Check(チェック・内部監査をし)
Action(アクション・再び行動する)
というPDCAスパイラルを常にまわしていくというものです。

 国としては今後、このシステムの構築をしないと規制緩和により増大し飽和状態にある運送(旅客を含む)業界からの退場(=許可の廃止)も持さない方針のようです。

 弊所と致しましては、「運輸安全マネジメントの実施」に関する相談を受け付けております。まずはお気軽に相談メールをお寄せください。

無料相談メールは
コチラから
(送信者全員に4月からの公表義務の内容をお知らせします)





サイト名: 営業ナンバー.com   http://www.eigyo-number.com
この記事のURL:   http://www.eigyo-number.com/modules/doc0/index.php?id=13