群を抜く情報収集能力で、旅客を含めた物流業界の皆様を徹底サポート RSS
 サイト内検索:
ホームこのサイトについてお問い合わせ
  MENU
弊所が得意とするお仕事
What’s NEW
事務所概要
案 内 図
所長プロフィール
自動車登録Q&A
プライバシーポリシー
免責事項
リンク集 【相互リンク募集中】
プレスリリース
お問い合わせ【無料相談フォーム】
行政書士ゲオルクの「明日へテイクオフ!」
  • カテゴリ 許認可のお仕事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

明日へ「テイクオフ!」 - 緊急のお知らせ「貸切バス5年更新制度」4月1日導入

緊急のお知らせ「貸切バス5年更新制度」4月1日導入

カテゴリ : 
許認可のお仕事
執筆 : 
2017-2-28 22:03
平成29年2月28日、国土交通省より
とても重要な省令・通達の改正に関する発表がありました
<概要>
・貸切バスの事業許可について5年ごとの更新制を導入
 ┗今までは許可を取った場合、更新はなく半永久的であった
・特に2002、2007、2012年(1997年以前も同様)の4月〜12月に許可を取得した事業者は
 すぐに更新の対象となります。3ヶ月の猶予はありますがかなり乱暴な決定です。
 ┗Q&Aより「有効期間を過ぎると許可は自動的に失効します。救済措置はありません。」
・更新の際、代表権を有する役員が法令試験を受験し90%以上を正答する必要有り
 ┣Q&Aより「再試験は1度だけ認めております。」
 ┗安全性評価認定制度において、一ツ星以上を取得で試験免除
・新規、更新ともに新たな添付書類「安全投資計画」と「事業収支見積書」が必要
 ┗経理的基礎の有無を確認するため、安全投資の実績及び事業者の経営状況を確認するため
<更新が拒否される場合>
・上記の法令試験に2回連続で90%未満の正答率であった場合
・申請直近1事業年度において債務超過であり、かつ申請直近3事業年度の収支が連続で赤字の事業者
 ┗新規許可については申請直近1事業年度において申請者の財務状況が債務超過である場合
・前回許可時から毎年連続して行政処分を受けている事業者
・人件費や修繕費などが適正な単価で見積もりがされていない収支計画
・5年間連続で収支を赤字としている収支計画
・更新申請時までの間に行政処分を受けた場合であって、更新許可申請時までに認定事業者による運輸安全マネジメント評価を受けていない場合
※本日付の第一報ですので変更されることがあります。
※2017きたまち綜合事務所編 無断転載禁止
  • 閲覧 (767)
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県での迅速、丁寧、確実な営業ナンバー許可取得・事業計画変更、運送業、一般貨物、貨物利用運送、軽貨物、霊柩、貸切バス、ロケバス、観光バス、旅館の使用車両、乗用タクシー、介護タクシー、練馬ナンバーの自動車登録・回送運行のことならきたまち総合事務所におまかせ下さい。
Copyright (c) 2006-2010 きたまち綜合事務所. All Rights Reserved.